インフル、南半球激減も「油断禁物」 コロナにも警戒を

医療・健康
科学&新技術
2020/10/1 18:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インフルエンザの予防接種が1日始まった。新型コロナウイルスとの同時流行が懸念される中、ハイリスクな高齢者らが優先され、一般の接種は26日以降となる。先に冬を迎えた南半球ではインフル患者が激減した。手洗いなどコロナ対策が奏功したとみられるが、専門家は「油断は禁物」と警戒を呼びかける。

東京都千代田区の紀尾井町内科では1日、予約していた高齢者ら約30人がさっそくワクチンを接種した。例年の1.5倍ペー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]