/

この記事は会員限定です

創業500年 「100年に1度の危機」克服、今度も

虎屋会長・黒川光博さん(人間発見)

[有料会員限定]
「虎屋の羊かん」で知られる和菓子の老舗、虎屋(東京・港)は創業が室町時代に遡る日本屈指の長寿企業。代々、一族の1人が家業を継いでのれんをつないできた。黒川光博さん(77)は17代目。伝統をただ守るのではなく、和菓子を次世代に伝えるための革新にも挑戦してきた。

新型コロナウイルスの影響で、当社は4~5月の売り上げが最も悪く、例年の2~3割まで下がりました。私が1991年に社長に就いてから最大の落ち込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5793文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

木ノ内 敏久

カバージャンル

  • 企業経営
  • ダイバーシティー
  • トークンエコノミー

経歴

現職はシニアライター。企業、大学、ダイバーシティーなどのガバナンス論(組織統治)や、仮想通貨などトークンエコノミーについて取材しています。正統性や正義の問題といったガバナンスの切り口から、経済の様々な現象を分析することに興味があります。企業経営をガバナンスの視点で読み解く日経電子版読者向けニューズレター「Nikkei Briefing リーガルのつぼ」を執筆しています。

活動実績

2021年3月18日 金沢日経懇話会で「コーポレートガバナンス改革を振り返る アベノミクスで企業は変わったか?」講演
2020年12月10日 単著「日本企業のガバナンス改革」(日経BP日本経済新聞出版)を刊行
2020年11月25日 長崎県立大学で「日本のガバナンス改革とファミリー企業の経営」をテーマにオンライン講義
2019年6月29日 一橋大学で開かれたセミナーに登壇。テーマは、仮想通貨(暗号資産)に至る貨幣の変遷や、近現代の貨幣経済と古代の贈与経済の違い
2018年11月7日 長崎県立大学でファミリー企業にみるコーポレートガバナンス論を講義
2018年11月7日 長崎県立大学で仮想通貨・ブロックチェーンの経済学について講義

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン