/

この記事は会員限定です

スリランカ、大統領一族に集権さぐる 権限強化へ改憲案

[有料会員限定]

【コロンボ=マルワーン・マカンマルカール】兄弟で大統領と首相を務めるスリランカのラジャパクサ一族が権力集中を進めている。政府はこのほど弟であるゴタバヤ大統領の権限を強化する憲法改正案を議会に提出した。議会は兄のマヒンダ首相率いる与党スリランカ人民戦線(SLPP)が過半数を握っており、改正に向け自信を示す。

憲法改正が実現すれば20回目となる。任期中、ゴタバヤ氏に対する刑事免責を含めた絶対的な大統領...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り595文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン