ネット中傷で賠償命令 歯科院長らに240万円

岐阜
愛知
社会・くらし
2020/10/1 16:56
保存
共有
印刷
その他

インターネット上に投稿された中傷記事で名誉を毀損されたとして、岐阜市の歯科医院「コメット歯科クリニック」の院長が、岐阜県各務原市の歯科医院長らに1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1日、名古屋地裁であった。加島滋人裁判長は「社会的評価を低下させた」と名誉毀損を認め、計240万円の支払いを命じた。

判決によると、被告の院長が依頼し、名古屋市のインターネット広告業者が2014年1~2月、ネット掲示板「2ちゃんねる」と「ヤフー知恵袋」に「豊富な知識でだまして高額なお金を得る」「まるでカルト宗教」といった原告を中傷する記事を5回投稿した。

加島裁判長は判決理由で、うち4回について「投稿者と医学的見解や経営理念が異なる原告医院に対する批判にとどまるものではなく、真実とも認められない」と指摘した。

一方で2億円を超える営業上の損害を被ったとの原告の主張は「投稿の影響か疑問が残る」として退けた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]