「ゼブラ企業」成長と貢献追う コロナ下で存在感

2020/10/5 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

成長と社会課題の解決の両立を目指す「ゼブラ企業」が存在感を高めている。既存産業を破壊してでも急成長を追う「ユニコーン」への反発から生まれ、途上国の産業支援やごみの再利用などに取り組む。大型の資金調達や新規株式公開(IPO)だけがスタートアップではない。新型コロナウイルス後の持続可能な社会をつくり出すことも大きな社会貢献となる。

アフリカ・ケニアの「キオスク」と呼ばれる小さな小売店。訪問する日用品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]