/

この記事は会員限定です

WIPO事務局長にタン氏就任 課題はワクチンの特許共有

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】世界知的所有権機関(WIPO)の事務局長に1日、シンガポールで特許庁長官を務めたダレン・タン氏が就任した。当面の課題は新型コロナウイルスのワクチン普及に向けた特許共有の枠組みづくりだ。先端技術の覇権を争う米国や中国などの利害を調整しながら、いかに公平に組織を運営するかが問われる。

「知的財産(知財)の番人」と呼ばれるWIPOは国連の専門機関の一つ。知財が盗まれないよう国際ル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン