/

この記事は会員限定です

脱炭素社会、中国に強み ヤーギンIHS副会長に聞く

(更新) [有料会員限定]

新型コロナ危機が、世界のエネルギー転換を加速させている。人々の働き方が変わり、企業や政府は脱炭素に一気にカジを切る。新しいエネルギー秩序の覇権争いの行方を、英調査会社IHSマークイットのダニエル・ヤーギン副会長に聞いた。

――新型コロナ危機はエネルギー市場に何をもたらしたか。

「デジタル化を加速した。以前なら7年間を要した変化が7カ月で起きた。振り返れば、感染拡大はデジタル革命の始まりだった、とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン