/

この記事は会員限定です

新幹線延伸、コロナ禍で効果薄く 25年連続下落の福井

点検・基準地価(下)

[有料会員限定]

JR福井駅前の再開発地区の一つで1日、既存の建物の解体工事が始まった。「三角地帯」と呼ばれる同地区には高さ120メートルの複合ビルが建設され、米マリオット・インターナショナルのホテルなどが入居する。2023年春の北陸新幹線の敦賀延伸に向けた街づくりが福井県各地で進むなか、同県の20年の基準地価は全用途で25年連続の下落となった。

福井県の商業地は前年比1.7%下がり、19年調査(1.5%下落)より...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン