中国からの撤退、労働紛争に注意

法務・ガバナンス
中国・台湾
2020/10/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国での事業からの撤退や縮小を検討する日本企業が増えている。新型コロナウイルスの流行に加え、米中貿易摩擦など地政学リスクの高まりや、ここ数年で人件費が高騰するなど事業環境が大きく変わったことが背景にある。ただ中国では大きな労働紛争も起きやすく、撤退の際には注意が必要だ。

「中小企業を中心に、中国のビジネスを見直す日本企業は増えている」。アンダーソン・毛利・友常法律事務所北京オフィス代表の若林耕弁…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]