/

この記事は会員限定です

中国からの撤退、労働紛争に注意

[有料会員限定]

中国での事業からの撤退や縮小を検討する日本企業が増えている。新型コロナウイルスの流行に加え、米中貿易摩擦など地政学リスクの高まりや、ここ数年で人件費が高騰するなど事業環境が大きく変わったことが背景にある。ただ中国では大きな労働紛争も起きやすく、撤退の際には注意が必要だ。

「中小企業を中心に、中国のビジネスを見直す日本企業は増えている」。アンダーソン・毛利・友常法律事務所北京オフィス代表の若林耕弁護...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1067文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン