/

この記事は会員限定です

言いふらしたくなる言葉を探そう 「核」のつくり方

学び×プレゼン(3)圓窓代表取締役の澤円さん

(更新) [有料会員限定]

プレゼンテーションの前提となる「ビジョン」のつくり方について前回にお話ししました。ビジョンができたら、次は「核」づくりです。核とはプレゼンで「それさえ覚えて帰ってくれればよい」というもの。プレゼンは聞き手がただ聞いて終わるのではなく、別の人に話したり、アクションをとったりしなければ意味がありません。それだけ核は重要なのです。

キング牧師の名フレーズ

・「I have a dream」

これは1960年代の米国の公民権運動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1504文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

学び×プレゼン

プレゼンテーションは自分の意見や思いを伝えるための重要な手段の一つです。でも苦手な人が多いのではないでしょうか。マイクロソフトに在籍していた時に10年以上にわたりトップのプレゼンターとして表彰され「プレゼンの神様」とも呼ばれる澤円・圓窓代表取締役に、若手ビジネスパーソンが身に付けておくべきプレゼン術を聞きます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン