/

この記事は会員限定です

テスラ中国生産、政府が期待する「ナマズ効果」

FTグローバル・チャイナ・エディター ジェームズ・キング

[有料会員限定]

中国の国産電気自動車(EV)メーカーは2018年、突然存亡の危機にさらされることになった。中国政府がイーロン・マスク氏率いるテスラに工場新設を許可したためだ。世界のEV業界でトップに君臨するテスラの登場は、生存競争が始まる合図となった。

テスラは外資に対する規制緩和を活用して中国市場に参入した。中国国内資本との合弁ではなく単独で進出したため、技術を共有したり管理したりする義務を負わない。中国工場で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン