/

この記事は会員限定です

レーサーへの道、ゲーマーが開く リアルでプロ目指す

ゲーマー兼アマチュアレーサー 冨林勇佑

[有料会員限定]

9月5~6日、雨が降り注ぐ富士スピードウェイ(静岡県小山町)で開催された「24時間耐久レース」。3~6人からなるチームで丸1日走り続ける、戦略と持久力が試されるレースだ。そんなレースに、経験豊富な猛者たちに交じって一人の「ゲーマー」が参戦していた。「リアルレース」歴がわずか2年弱の冨林勇佑(24)だ。

冨林は乗り込んだマシン「レクサスRC350」で7時間を走った。故障トラブルがあったが快走を見せ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Game Changer

斬新な発想で地球規模の問題解決やビジネス創造に挑むリーダーらを取り上げます。1980年代以降に生まれたミレニアル世代、それに続くZ世代の旗手を国内外で取材。社会に変革を起こす挑戦者たちの世界観に迫ります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン