/

コロナ対策の司令塔始動 「東京iCDC」

(更新)

東京都は1日、新型コロナウイルス対策を一体的に担う新組織「東京感染症対策センター(東京iCDC)」を立ち上げた。感染症対策の司令塔と位置づけ、感染状況の情報収集や分析を進める。

都はインフルエンザとの同時流行が懸念される秋冬を間近に控え、一層強固な体制が必要として、米疾病対策センター(CDC)をモデルに設立の準備を進めてきた。小池百合子知事は「同時流行に備え、予防すべきことや医療提供体制について、現実的な助言を期待している」と語った。

都福祉保健局感染症対策部の職員が中心となり、平時は人材育成や国内外の研究機関との関係強化に当たる。感染拡大などが起きた際には構築したネットワークを生かし、迅速な対策を打ち出すことを目指す。

組織内には、公衆衛生など複数のチームからなる「専門家ボード」を設置。科学的根拠に基づき、有効な政策提言や助言を行うとしている。専門家ボードを取り仕切る座長には、東北医科薬科大の賀来満夫特任教授が就任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン