東証システム障害、富士通も「状況を確認中」

東証システム障害
2020/10/1 9:45 (2020/10/1 10:34更新)
保存
共有
印刷
その他

富士通は1日、東京証券取引所で全銘柄の売買が停止した問題を受け、日本経済新聞の取材に対し、「東証と共同で現在状況を確認している」と述べた。東証の株式売買の基幹システム「アローヘッド」は富士通が設計・開発した。2010年に稼働を開始し、19年11月に新システムに刷新している。

今回の障害とアローヘッドとの関連は1日午前10時時点でわかっていない。一方、相場情報の配信については、富士通は「弊社のシステムではない」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]