/

D-Wave、次世代量子コンピューターを発売

5000量子ビットを搭載する「Advantage」(出所:カナダD-Wave Systems)
日経クロステック

カナダのディーウエーブシステムズは9月30日、「量子アニーリング方式」の量子コンピューター「Advantage(アドバンテージ)」を発売した。量子ビットの数が従来の2000個から5000個超に増加し、量子ビット間の結合形態(トポロジー)も強化した。

Advantageは同社が2017年1月に発売した「D-Wave 2000Q」以来の新モデルとなる。D-Wave 2000Qは量子ビットの数が2000個で、量子ビットが他の量子ビットと結合する数が6個だった。Advantageでは量子ビットが5000個超に、量子ビット間の結合数が15個に増える。量子ビットの数と量子ビット間の結合数が増えることで、より規模の大きな組み合わせ最適化問題が解けるようになる。

同社は様々な種類の組み合わせ最適化問題をD-Waveのマシンで解くためのソフトウエアに加えて、D-Waveのマシンと通常のコンピューターを組み合わせて最適化問題を解く「ハイブリッド」のアプリケーションを開発するためのソフトも提供している。今回、このようなハイブリッドアプリケーションの開発を目指すユーザー企業を支援するサービス「Launch(ローンチ)」を発表し、これまでとは異なるタイプの問題を解くためのソフト「離散二次モデル(DQM)ソルバー」も追加した。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 中田敦)

[日経 xTECH 2020年9月30日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン