/

トランプ氏、白人至上主義めぐり波紋 討論会で非難せず

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領が29日の大統領選のテレビ討論会で、白人至上主義を非難しなかったことに波紋が広がっている。与党・共和党上院で唯一の黒人であるティム・スコット議員は30日、「正すべきだ」と語り、白人至上主義を明確に否定するよう求めた。

トランプ米大統領は討論会で白人至上主義を明確に非難しなかった(29日、中西部オハイオ州)=ロイター

トランプ氏は討論会で、黒人差別への抗議デモの一部が暴徒化した問題について「右派の問題ではない」と指摘。白人至上主義を批判するかとの問いに正面から答えなかった。共和党上院トップのマコネル院内総務は「私は白人至上主義を最も強く非難する」と語り、トランプ氏の対応を暗に批判した。

これとは別にトランプ氏は討論会で、白人至上主義団体に近いとされる極右団体「プラウド・ボーイズ」に関し「下がって待機せよ」と述べ、過激な活動を容認するかのような発言もした。

民主党の大統領候補であるバイデン前副大統領は30日、中西部オハイオ州で記者団に対し、プラウド・ボーイズについて「なくなるべきだ」と強調した。反発が広がるとトランプ氏はホワイトハウスで「誰だか知らなかった」と語り、釈明に追われた。

トランプ氏は2017年に「白人至上主義者にも良い人はいる」との見方を示し、与野党を問わず猛反発を浴びた。この発言を受け、支持率が大統領在任中で最低水準にまで下がった。早期の釈明には11月の大統領選を間近に控えて、ダメージを最小限にとどめたい意向が透ける。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン