/

この記事は会員限定です

菅予算、デジタル・地方を重視 「賢い支出」課題

[有料会員限定]

菅義偉政権が初めて編成する2021年度予算で、各省庁の概算要求が出そろった。デジタル化や地方創生など首相肝煎りの新メニューを並べた。新型コロナウイルス対応の優先で例年より作業は1カ月遅れ、短期間での予算編成を強いられた。政策効果の点検や財政健全化への目配りは後回しで、限られた時間で「賢い支出」に仕上げられるかが課題になる。

各省庁が発表した概算要求を単純合計すると、105兆円を超える。財務省は中身...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1021文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン