エアアジア、日本事業から撤退 需要回復見込めず

2020/9/30 22:11 (2020/10/1 5:28更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【クアラルンプール=プレム・クマール】マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアは30日までに、日本での事業から撤退することを決めた。新型コロナウイルスの流行で世界的な渡航制限が続き、航空需要が減少していることが背景にある。

日本の事業は合弁企業のエアアジア・ジャパン(愛知県常滑市)が運営する。証券取引所への提出資料によると、エアアジアは同社の議決権ベースで33%の株式を保有する。エアアジアの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]