/

NTTコム、自動で経費精算 デジタルで完結

NTTコミュニケーションズは30日、従業員の経費精算を効率化するサービスの提供を始めたと発表した。スマホに登録して利用する「モバイルスイカ」と法人向けのプリペイドカードをスマホアプリと連携する。月ごとに書類で申請しなくてもアプリ上で精算が完了する。

NTTコミュニケーションズは経費精算サービス「スマートゴー ステイプル」の提供を始めた。利用料金は1つのIDにつき、月額1000円。

モバイルスイカと法人向けプリペイドカードを経費精算のスマホアプリと連携する。従業員が交通費など支払うと、自動でアプリに決済の情報を取り込む。アプリを通じて精算を申請し、経費の管理者が承認する仕組み。

NTTコミュニケーションズが2019年から提供している経費精算サービスでは交通費の精算はできたが、書籍や備品の購入などには対応していなかった。今回、経費精算サービスのクラウドキャスト(東京・千代田)と連携することで、交通費以外の精算にも利用できるようにした。

在宅勤務が浸透した影響で、定期代の支給を廃止し、個別に精算する動きが広がっている。NTTコミュニケーションズは経費精算をデジタルで完結できるようにすることで、業務の効率化を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン