/

四国銀・高知銀のファンド、高知大発ベンチャーに投資

四国銀行高知銀行は、それぞれの地域ファンドを通じて、高知大学発のベンチャー企業で内視鏡や医療用カテーテルなど医療機器の開発と製造販売するニレック(高知市)に投資した。投資額は四国銀が3千万円、高知銀は非公表。

ニレックは調達した資金で新たな医療機器を研究開発したり、製造販売したりする。同社は高知大医学部の佐藤隆幸教授の研究成果を実用化するために2019年4月に設立。地域活性化策として高知県内に医療機器産業の創出を目指す。

四国銀の地域ファンドは「しぎん地域活性化ファンド」(総額5億円)といい、高知銀は「こうぎん地域協働ファンド」(同6億円)。ニレックへの投資は四国銀が7件目、高知銀は9件目となる。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン