/

この記事は会員限定です

街おこしの夢乗せ快走 島根・江津で初の公道レース

ウエーブ島根

[有料会員限定]

公道を使った日本初のレース「A1市街地グランプリGOTSU2020」が20日、島根県西部の江津市であった。人口減が進み、主力産業の石州瓦も厳しい状況が続く中、街おこしにつなげようと地元経営者らが7年がかりで実現にこぎつけた。「困難なことに挑戦できる街をアピールし、人や企業を呼び込みたい」という夢を乗せ、11台のカートが疾走した。

使われたのはレーシングカーではなく最高時速60キロほどのカートだが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン