/

この記事は会員限定です

東大学長選、藤井氏が意向投票1位 10月2日最終決定

[有料会員限定]

東京大の学長選考会議が10月2日に次期学長を正式に決めるのに先立ち、学内の教授会構成員により実施された「意向投票」で、3人の候補者のうち藤井輝夫理事・副学長(生産技術研究所教授)が最多得票を集めたことが30日、分かった。関係者が明らかにした。

関係者によると、1回目の意向投票で藤井氏は有効投票1818票のうち、過半数の951票を得た。工学部長の染谷隆夫教授は635票、自治医科大学長を務める永井良三...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン