/

筑邦銀行、福岡・太宰府のプレミアム商品券を電子化

筑邦銀行は30日、太宰府市商工会(福岡県太宰府市)が発行するプレミアム付き地域商品券の電子化を手がけると発表した。スマートフォン経由で申し込みや購入、精算まで一貫してできるようにする。同様の取り組みは福岡県うきは市で、6月から実施している。

SBIホールディングスが出資するOrb(オーブ、東京・港)が開発し、九州電力が提供するシステムを使う。スマホから専用アプリをダウンロードして申し込むと、購入金額の30%分がプレミアムとして上乗せされる。利用時は加盟店に設置してあるQRコードを読み取って決済する。

電子化により事務作業の負担を減らせ、購買履歴などの管理もしやすくなる。筑邦銀行では各自治体に導入を働きかけている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン