/

健康食品のエーエフシー、なすびと提携して外食に参入

健康食品・化粧品販売のエーエフシー(静岡市)は、和食店などを展開するなすび(同)とフランチャイズチェーン(FC)契約を結び、飲食店の運営を始める。2日に初の店舗となるビュッフェレストラン「ぶどうの丘草薙」を開業する。

店内では健康茶や野菜ジュースなどエーエフシーの製品を提供する。エーエフシーはAFC-HDアムスライフサイエンス傘下で、通販事業に強みを持つ。外食事業で消費者との接点をつくり新規顧客の開拓につなげたい考え。飲食店運営のノウハウを習得し、今後ベトナムやタイなど海外展開を狙う。

なすびは、静岡市を中心に16店舗を運営する。コロナ禍の影響もあり、通販事業の展開で多角化を目指す考えだ。食品やスイーツをエーエフシーの通販サイトで扱うなどして「ノウハウを共有して互いに成長したい」(藤田圭亮社長)という。「ぶどうの丘セノバ」は引き続きなすびが運営する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン