[社説]危機下でも規律のある予算編成を望む

社説
2020/10/1 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省は2021年度予算の概算要求を9月30日に締め切った。国の一般会計の要求総額は7年連続で100兆円の大台を突破したもようだ。これを土台に菅義偉政権が初の予算編成に臨む。

新型コロナウイルスの封じ込めと正常な経済活動を両立させる財政出動は必要だが、無駄やばらまきの排除も怠るわけにはいくまい。危機下でも規律と節度のある予算編成を心がけてほしい。

安倍晋三前政権は21年度予算の編成に当たり、厳格…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]