/

SOMPOケア、東京建物の介護子会社を買収

SOMPOホールディングス(HD)傘下の介護大手、SOMPOケア(東京・品川)は30日、東京建物傘下の東京建物シニアライフサポート(東京・中央)を12月1日に完全子会社にすると発表した。東京建物から全ての株式を取得する。取得金額は非開示。首都圏の介護事業を強化し、業績への貢献も期待する。

東京建物シニアライフサポートは東京都、神奈川県、埼玉県で19施設を運営しており、SOMPOケアが戦略的に重要としている地域と合致し、多くの施設が好立地で入居率も高いため買収を決めた。

また老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、在宅サービスまで幅広く提供しているため、SOMPOケアの既存事業との相乗効果が得られると判断した。東京建物シニアライフサポートの2019年12月期の売上高は50億円。SOMPOケアは子会社化して数年以内に数億円の利益貢献を見込む。

SOMPOケアと東京建物は同日付で業務提携を結んだ。今後、高齢者向け施設を共同で開発したり運営をしたりする予定だ。将来的にはSOMPOグループも含めてスマートシティーの構想なども検討していく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン