/

この記事は会員限定です

8月の工作機械受注、23%減 中国は車・半導体向け好調

[有料会員限定]

日本工作機械工業会が30日発表した8月の工作機械受注額(確報値)は前年同月比23.2%減の679億円だった。欧米や国内向けが落ち込む一方、中国向けは5割伸びて地域別で唯一増加した。自動車や半導体工場向けの出荷が好調で、中国企業の設備投資の回復が鮮明になっている。

受注額が減少するのは23カ月連続になる。地域別では国内からの受注は38.5%減の230億円だった。最大顧客の自動車産業などからの引き合い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン