/

この記事は会員限定です

日通、コロナワクチン契機に世界水準の医療品物流構築

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日本通運は2021年2月、ワクチンなど精微な温度管理が必要な医薬品の物流サービスに乗り出す。医薬品物流が欧米と同じレベルで厳格化されるほか、新型コロナウイルスのワクチン需要という新たな商機を見込む。日通の戦略を石井孝明副社長に聞いた。

――医薬品物流に乗り出す背景は。

「輸送中の温度や衛生面での管理を厳格に定めた医薬品の適正な流通基準(GDP)が近い将来に義務化されると想定している。国内では厚生労働省が1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン