楽天が劣後債1000億円 5G投資へ財務強固に
【イブニングスクープ】

2020/9/30 18:00 (2020/10/1 5:26更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

楽天は10月にも総額1000億円の劣後特約付き社債を発行する。調達する資金は30日にサービスを開始した次世代通信規格「5G」など携帯電話事業への投資に使う。劣後債は一般的な普通社債に比べて返済義務の順位が低く、一部が資本とみなされるため信用格付けが悪化しにくい。携帯電話事業への投資に備えて財務を強固にする。

楽天は4月に携帯電話事業に本格参入し、5Gも含む携帯電話の基地局整備向けに26年までに8…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]