/

ワタベウェディング、希望退職120人 直営11店閉鎖

婚礼大手のワタベウェディングは30日、希望退職や店舗閉鎖などのリストラ策を発表した。11月中旬までに120人程度の希望退職を募集するほか、12月末にリゾート挙式のプランを販売する11の直営店を閉鎖する。新型コロナウイルスの影響で婚礼の延期が相次ぐ中、リストラ策により早期の収益改善をはかる。

希望退職は10月26日~11月15日に募集する。35歳以上の正社員・契約社員が対象で、募集人数はワタベ単体で働く人の約17%に相当する。退職日は12月31日。特別退職金を支給するほか、再就職の支援もする。

閉鎖する店舗は関東で4店舗、中部で3店舗、中国で2店舗、九州で2店舗。全直営店の約3分の1にあたる。今後は東名阪の主要都市に注力するとともに、オンライン接客を強化する。

同社は感染症拡大の影響を受け、4、5月は国内外で挙式ができなくなった。6月には沖縄で一部再開したものの、催行予定だった多くの挙式が延期となった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン