/

ラクスル、HP制作ツール会社に4億9000万円出資

印刷・物流シェアリングのラクスルはホームページ(HP)制作ツールを、SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)形式で提供するスタートアップ、ペライチ(東京・渋谷)に4億9000万円を出資することを決めた。同社が実施する第三者割当増資を引き受ける。ラクスルの印刷や物流分野の顧客は中小企業が多く、将来的な相乗効果を見込む。

2014年設立のペライチのツールにはプロがデザインしたテンプレートを使って編集できる機能があり、手軽に自社のHPを作れるようになっている。HPを通じた予約や決済をできるようにしているのが強みだ。

基本プランが月額1980円(税別)と低価格で利用できることもあり、会員登録数は26万を超えた。調達した資金で事業拡大に向けたエンジニアの採用などを進める。

ラクスルは印刷のシェアリング「ラクスル」と軽貨物などの配送業者のマッチング「ハコベル」に加え、今年から広告のプラットフォーム「ノバセル」も始めるなど主に中小企業向けの事業を多岐に広げている。ラクスルはペライチと顧客基盤が重なるとみており、ペライチのHP制作サービスや予約・決済機能の導入を提案することで、相乗効果を引き出す。

ペライチが8月に個人事業主や中小企業を対象に実施した調査では、公式HPを持つ企業は約半数、決済サービスを導入した社は1割以下だった。今後はデジタルトランスフォーメーション(DX)の需要が高まるとみて事業拡大を図る。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン