/

ブックオフ、初のボードゲームカフェ

栄スカイル店にオープンするボードゲームカフェ

中古本販売のブックオフグループホールディングスは10月、「ブックオフ」の栄スカイル店(名古屋市)と長久手グリーンロード店(愛知県長久手市)に同社初のボードゲームカフェを開く。人生ゲームやオセロといった定番から海外のゲームまで有料で楽しめる。ホビー・トレーディングカード関連は2020年3月期の部門売上高が前の期比12%増えており、既存事業との相乗効果を目指す。

ゲームは1時間400円、7時間以上2000円で楽しめる。軽食やドリンクも販売する。同社は17年から画一的な店舗運営を見直し、地域に合った商品の販売やサービスをしている。まずはファミリー層が多い2店でカフェを開き、状況を見ながら他の店舗にも広げたい考えだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン