/

将棋最年少棋士は17歳 伊藤ら3人が新四段(盤外雑記)

伊藤匠新四段

将棋の第67回奨励会三段リーグが終わり、伊藤匠三段(15勝3敗)、冨田誠也三段(14勝4敗)、古賀悠聖三段(13勝5敗)の3人が四段昇段を決めた。昇段は10月1日付。古賀新四段は2度目の次点となり、フリークラス入りの権利を取得し行使した。現在17歳の伊藤新四段は、現役最年少のプロ棋士となる。

囲碁の第5回扇興杯女流最強戦の決勝で、上野愛咲美女流本因坊が謝依旻六段を破って初優勝を果たした。扇興杯優勝で通算タイトル獲得数は4となった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン