/

Amazon、手のひら認証の新技術 レジなし店舗で導入

【シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムは29日、手のひらをかざすことで本人確認できる認証システムを開発したと発表した。新型コロナウイルスの影響で非接触技術の採用が広がるなか、小売店での決済やオフィスビルの入退管理などで幅広く普及をめざす考えだ。

アマゾンの手のひら認証システムを導入した入店ゲート=AP

「アマゾン・ワン」と呼ぶ認証システムでは、手のひらの映像を様々な角度から識別することで個人を特定するという。消費者はクレジットカードやポイントカードなどのデータと自らの生体情報をひも付けることで、店頭で買い物する際に財布からカードなどを取り出す手間がなくなる。

第1弾として、同日から米シアトル市にある同社のレジなしコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」の2店舗に導入した。入場ゲートにクレジットカードを挿して読み取り装置の上に手のひらを置くことで、1分以内にカード情報と生体情報をひも付ける作業が完了する。次回からは読み取り装置に1秒程度、手をかざすだけで入店できるようになる。

アマゾンでは新技術を外部企業にも提供する方針で、すでに複数の小売企業と交渉を進めている。日本企業では富士通が手のひらの静脈による生体認証システムの普及に力を入れている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン