/

シャープ、エアコンでウイルス捕集に効果

シャープは、空気清浄機の機能を持ったエアコン「エアレスト」がウイルスの捕集に効果があると発表した。京都工芸繊維大学と共同で実験した。シミュレーションでは14畳の部屋に浮遊するウイルスを約15分で集めることができたという。コロナ禍でエアコンの使用中も空気を浄化したいという需要を取り込む。

京都工芸繊維大学の独自のシミュレーターを使った。家具の配置など、実際の家庭に近い空間を再現した。一般的な大きさの様々なウイルスを想定してシミュレーションしており「コロナウイルスを想定したものではない」(同社)という。

エアレストは2019年に発売した。業界団体が定める空気清浄機の集じん能力を満たしており、同様のエアコンは国内で他にないという。コロナ禍で空気清浄機の需要が増えていることを商機とみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン