/

この記事は会員限定です

社会インフラのサステイナビリティ

十字路

[有料会員限定]

2020年度の国の歳出は160兆円と、19年度の104兆円から新型コロナウイルス対応もあり大幅に増える見込みだ。

地方公共団体でも歳出が急増する一方で、バス、地下鉄や病院などの公営事業は収入を大きく減らしている。21年度以降も経済が停滞して法人事業税などの税収はさらに減ると見込まれる。国からの交付金の活用、基金の取り崩し、地方債の増発で対応するが懐具合の厳しさは否めない。21年度の予算編成では、不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り523文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン