/

米ユナイテッドヘルス、オンライン薬局買収 Amazon対抗

【ニューヨーク=野村優子】米医療保険のユナイテッドヘルス・グループが、オンライン薬局を手掛ける新興企業ディヴィー・ドーズを買収したことが分かった。米CNBCが29日、報じた。取得価格は3億ドル強(約318億円)とみられる。小売り大手参入の動きもみられ、急成長するオンライン薬局の分野を強化する。

ディヴィー・ドーズのサービスは患者の追加負担はなく、医療保険内で利用できる。患者はネットや電話を通じて登録すれば、医師から処方された異なる薬を、服用すべき日時をもとに小分けにして宅配されるのが特徴だ。複数の異なる薬を処方されている患者に対し、服用しやすい形で宅配し、保険サービスとして付加価値を提供する狙いという。

オンライン薬局は成長分野として期待されている。ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムは2018年、オンライン薬局のピルパックを買収。ユナイテッドヘルスは買収を通じ、ヘルスケア業界への本格参入を目指すアマゾンにも対抗する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン