/

この記事は会員限定です

清華大・薛瀾教授、米中対立「弱点克服、日本に学べ」

[有料会員限定]

米中対立が先鋭化し、トランプ米政権は中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)など中国のハイテク産業を標的にする。米政権の動きに中国はどう対応するのか。政府の科学戦略の立案に深く関わる清華大学・薛瀾教授に聞いた。

――米中対立のなかで、中国政府はハイテク産業をどのように育成するのか。

「人工知能(AI)などで中国の発展スピードはとても速く、第4次産業革命では世界の先頭グループに入った。ただ、第4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン