/

概算要求の目玉は デジタル化推進、地方移住後押し

財務省は30日、2021年度予算の概算要求の受け付けを締め切る。新型コロナウイルスの感染拡大後と菅義偉首相の就任後で最初となる当初予算の編成作業が本格化する。各省庁が要求する目玉政策をまとめた。

■新首相が旗振り、デジタル予算急増

コロナへの対応では、感染情報の収集や支援金の支給など様々な面で行政のデジタル化の遅れがあらわになった。国連のまとめる「電子政府ランキング」で日本は14位にとどまる。

菅首相は行政のデジタル化を進める司令塔となるデジタル庁の設置を指示しており、準備や運営の経費を内閣官房が金額を示さずに要求する。システム整備を担当するIT総合戦略室は20年度当初予算より23%多い843億円を求める。

地方行政のデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けては、総務省が38億8000万円を計上した。20年度当初予算比で約5倍と大幅に拡充した。行政手続きのオンライン化や情報システムの仕様統一、セキュリティー対策などが柱となる。

民間企業のデジタル化も後押しする。経済産業省はデジタル技術を活用する企業への支援に389億円を要求した。20年度当初予算の2倍近い金額で、異業種間などで円滑にデータを共有するための共通仕様づくりなどを進める。デジタル活用の戦略の優れた企業を評価する「DX格付け」制度も設け、資金調達をしやすくする。

国土交通省はインフラと物流のDXを進める費用として、20年度当初予算の3倍以上の183億円を要求した。公共工事の図面に3次元モデルを使って維持・管理を効率化する。コロナの感染拡大を防ぐ非接触・非対面の物流システムの構築も目指す。

■デジタル技術の革新も支援

企業などによるデジタル分野の研究開発も後押しする。経産省は無人の自動運転や次世代移動サービス「MaaS(マース)」の普及に向けて60億円を要求する。人工知能(AI)やセンサーなどの開発には72億円を要求した。搬送や清掃、食品製造ラインへのロボット導入に向けた研究開発などに29億円を盛った。

■労働力、新たな活躍の場へ

コロナ禍を受け、現在勤める企業での雇用維持を最優先としてきた雇用政策の軸足は、人手不足産業への再就職支援などに移っていく。厚生労働省は公的な職業能力開発施設や民間の教育訓練機関で、失業者らがスキルを学ぶのを後押しする予算として990億円を要求する。人手不足の産業への出向や地方企業への再就職も支援する。

スキル習得も含めて業種や地域を超えて労働者の新たな活躍を促進する予算は全体で1200億円を超え、年末にさらに積み増しも可能とした。

テレワークで東京の仕事を続けつつ、地方に移住した人に最大100万円を交付する制度の導入も要求されている。

■コロナ・不妊治療、「金額未定」で必要に備え

厚労省の新型コロナ対策費用は現時点で来年度の必要額を見通すのが難しいことから、要求額を未定として項目だけを記載した。医療提供体制の整備のほか、検査態勢の拡充やワクチンの開発・購入などを盛り込んだ。

菅首相は少子化対策として、不妊治療への支援を拡大する考えだ。現在は体外受精に対し、夫婦の所得が年730万円未満の世帯を対象に初回30万円、2回目以降は15万円を助成する。厚労省は助成の増額や制限の緩和を検討。詳細が固まっていないため、金額を示さずに予算を要求する。

■相次ぐ大規模災害、対策予算は「十分な規模」に

国交省は公共事業費で20年度の当初予算と同水準の5兆2579億円を要求する。防災・減災予算の特別枠は要求額を示さない事項要求とした上で「これまでの実績を上回る必要かつ十分な規模」を求めた。

相次ぐ大規模災害の発生を踏まえて18年に策定した「防災・減災、国土強靱(きょうじん)化3カ年緊急対策」は20年度に終了する。20年も7月の九州豪雨などの巨大災害が続いており、21年度も必要な予算を確保したい考えだ。

■防衛、宇宙・サイバーなど新領域拡充

防衛省は過去最大の5兆4898億円を要求する。力を入れるのが陸海空の垣根を越えた新領域だ。宇宙監視に使う衛星の整備費や、サイバー攻撃への対処能力を向上させる研究費を盛り込む。電磁波を使い相手の攻撃を妨げる「電子戦」を巡り、電波情報を収集する装置を取得する。朝霞駐屯地(東京・埼玉)に専門部隊もつくる。

35年の配備をめざす次期戦闘機はエンジン設計に着手し開発費を積み増す。「F2」の後継として、10月にも三菱重工業と契約する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン