/

この記事は会員限定です

復星・郭氏「種まきから深耕へ」 中国消費に復調の兆し

[有料会員限定]

日本経済新聞の単独取材に応じた復星国際の董事長で創業者の郭広昌氏の主な一問一答は以下の通り。

――復星集団が医療をはじめ、実業に力を入れ始めた理由は。

「社内では『ヘルス』(医療)、『ハピネス』(観光や小売り)、『ウェルス』(金融)と呼んでいるが、この3つこそが顧客が復星に求めている価値だと分かったからだ。仏リゾートのクラブメッド、高級ブランドのランバンなどを買収してきたのは、唯一無二のブランドで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン