日ソ共同宣言を基礎に交渉加速 日ロ首脳が再確認

2020/9/29 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

菅義偉首相は29日夜、ロシアのプーチン大統領と初めて電話で約20分間、協議した。日本側の説明によると両首脳は1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速するという2018年11月の合意を再確認した。対面による会談の早期実現をめざすことでも合意した。

首相は「平和条約締結を含む日ロ関係全体を発展させたい。北方領土問題を次の世代に先送りさせず、終止符を打ちたい」と伝えた。

プーチン氏は「安…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]