/

神戸製鋼、厚鋼板値上げ 5000円以上

神戸製鋼所は29日、造船や機械、建設などに使う厚鋼板(厚板)の2020年度下半期分の価格を1トン当たり5000円以上引き上げると発表した。厚板の値上げ表明は19年7月の同年度上半期分以来。鉄鉱石や原料炭といった主原料の価格に加え、物流費や資材費が上がっており、製品価格に転嫁する。

一般流通(店売り)向けと鉄骨・橋梁、造船、建設機械など大口需要家向けの全分野が対象。輸出向けも同程度の引き上げを打ち出した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン