/

この記事は会員限定です

キッセイ薬品、新薬で反転攻勢へ 他社連携も強化

信越起業攻めの一手

[有料会員限定]

キッセイ薬品工業が反転攻勢に動き出した。主力薬の特許切れなどで2020年3月期は連結営業利益が7割減となったが、今後のラインアップには次代を担う新薬が並ぶ。営業利益を5倍に増やす新たな5カ年計画も策定。世界的に競争が激化する医薬品業界での生き残りを目指す。

「我々は新製品で勝ち残っていく」。降籏喜男社長は強調する。降籏社長は研究開発畑の出身で欧州にも長く駐在。キッセイが開発した新薬の海外への供与...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン