宿泊割引を相互適用 新潟の女将が山形知事を表敬

東北
信越
山形
福島
新潟
2020/9/29 18:36
保存
共有
印刷
その他

新潟県旅館ホテル組合の「新潟女将の会」は29日、山形県庁へ吉村美栄子知事を表敬訪問した。福島を加えた3県は15日から、各県独自の宿泊割引の対象をそれぞれの県民に広げている。女将会の高橋はるみ会長は「集客は関東中心だったが、山形からも来ていただきたい」と期待した。

山形県の吉村美栄子知事を表敬訪問した新潟女将会のメンバー(29日、県庁)

山形は1泊5000円を補助するキャンペーンを実施中。新潟にも同様の制度があり、相互利用が可能になったことを機に5人の女将がPRに訪れた。湯沢温泉(新潟県湯沢町)の高半の女将である高橋会長は、「宿泊客は減り続けている。県境を接した3県で盛り上げたい」と述べた。

一方、吉村知事は「雪国や温泉など共通点は多い。いずれ外国人の来訪が再開した際、県境は関係なく今後も互いにPRしたい」と述べた。同日はやまがた女将会のメンバーも同行。今後は新潟にも訪問団を送り、隣県同士の誘客につなげる考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]