/

この記事は会員限定です

[社説]「新常態」まで調整が続く地価

[有料会員限定]

回復を続けてきた地価は新型コロナウイルスで様相が一変した。7月1日時点の全国の基準地価は3年ぶりに下落し、特にコロナの影響が大きい都市部や商業地に下落地点が広がる。在宅勤務の増加によるオフィスの見直しなど、新しい生活様式の行方が定まるまで地価は調整局面が続くだろう。

商業地は全国平均で5年ぶりに下落した。東京圏と大阪圏はわずかに上昇したものの、名古屋圏は8年ぶりに下がった。昨年、バブル崩壊以来、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り598文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン