/

「仮想渋谷」でハロウィーンイベント KDDIなど

仮想空間「バーチャル渋谷」でのアニメ鑑賞会イメージ

KDDIや一般社団法人、渋谷未来デザイン(東京・渋谷)などでつくる「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は10月26~31日、渋谷の街を再現した仮想空間でハロウィーンイベントを実施する。利用者は仮装したアバター(分身)で空間を散策でき、音楽、お笑いライブも開く。

スマートフォンのアプリから利用できる仮想空間「バーチャル渋谷」を活用する。音楽グループ「BiSH」のオンラインライブやお笑いコンビ「和牛」のホログラムを使ったライブをする。10月9日からは米動画配信大手ネットフリックスのオリジナルアニメの鑑賞イベントも実施する。

詳細や新たな企画は決まり次第、公表する。バーチャル渋谷は渋谷駅前のスクランブル交差点周辺をリアルに再現した空間で、5月に公開された。

ハロウィーンでは毎年、渋谷に多くの若者や外国人が集まる。酔った人などによる騒動が問題視されており、今年は密集による新型コロナウイルス感染も懸念される。渋谷区の長谷部健区長は「今年は来街を控え、バーチャル渋谷のイベントを楽しんでほしい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン