/

クラボウ・伊藤忠、環境配慮の繊維で提携

伊藤忠が出資するクラボウのタイ子会社

クラボウは29日、伊藤忠商事と環境に配慮した繊維の開発や販売で提携すると発表した。繊維再生技術を持ち寄り、新たな繊維や生地などを開発する。アパレル業界は国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)への対応を迫られている。両社は2021年にもコンソーシアムを立ち上げ、業界全体に広く参加を呼びかける。

伊藤忠は年内にもクラボウのタイ子会社に出資する。新製品のグローバルな開発・販売体制を整える。クラボウは100%リサイクル原料から作る羽毛代替素材を販売するほか、縫製工程で発生する端材を糸に再生する技術を持つ。伊藤忠はリサイクルのポリエステル繊維を使った生地をアパレル大手に供給している。

コンソーシアムには企業や研究機関の参加を幅広く募り、再生繊維の採用拡大や新技術の開発に向けて活動する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン