/

コロナ抗原検査で承認申請 シスメックス、最短17分で

血液検査機器大手のシスメックスは29日、新型コロナウイルスの感染の有無を鼻の奥の粘液から判定できる抗原検査薬について同日付で薬事承認を申請したと発表した。がんや感染症の診断に使う自社の免疫測定装置「ヒスクル」を活用し、最短17分で判定できる。医療機関などでの利用を想定する。

抗原抗体反応による「化学発光酵素免疫測定法」を活用する。対象となるたんぱく質に特異的にくっつく物質を発光させ、その発光量を計測する仕組み。装置を使った抗原検査では、臨床検査受託大手のH.U.グループホールディングス(HD)が国内の薬事承認を取得している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン