/

この記事は会員限定です

学生目線でSDGs推進、環境保全や資源循環

[有料会員限定]

国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)を推進する動きが全国の大学で広がっている。学生が中心となって気候変動や貧困などさまざまな課題の解決策を考え、日常生活で実践している。今後数十年、社会を支える学生にとって、SDGsは人任せにできないとの意識が強いようだ。

「きれいな地球を残すのは大事なことだと思いました」。金沢工業大学が8月に開催した子ども向けのオンラインSDGsサミットで、大賞を獲得した小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1662文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン