/

北海道初の野球独立リーグ閉幕、美唄が優勝

北海道初の野球独立リーグ、北海道ベースボールリーグ(富良野市)は美唄ブラックダイヤモンズ(美唄市)が初代王者に輝き、今季が閉幕した。優勝を決めるチャンピオンシップで、レラハンクス富良野BC(富良野市)に3連勝した。

チャンピオンシップで優勝を決めた美唄(26日)

出合祐太リーグ代表は「真剣に汗をかいた若い選手に対し、多くの市民が球場に足を運び、応援してくれた」と初年度を振り返った。来季は4チーム、計100試合以上に増えるため、「リーグ、球団スタッフの能力向上や、営業活動と収益アップに努めたい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン